個性化で住み分ける秋葉原のフィギュア買取店

大好きなアニメや漫画のフィギュアを手に入れると萌えます。そして、自宅がフィギュアであふれます。手に入れるまでのプロセスを楽しむ人は古いフィギュアの処分を考えているでしょうし、いい年齢になったフィギュア卒業生も処分を考えていることでしょう。

宅配買取サービスを利用する手もありますが、大切なフィギュアを段ボールに押し込むのはかわいそうです。大切な気持ちが伝わる秋葉原の買取店に足を運びましょう。

30代で急増するフィギュアの処分ニーズ

矢野経済研究所の2016年調査によると、国内のフィギュア愛好者は約151万人、その市場規模は約320億円です。

2016年だけで1人当たり2万1192円を支出した計算になります。

年齢層は10代18.6%、20代36.6%、30代14.5%という曲線を描くので、愛好者のピークは20代です。

つまり、20代と30代の差22.1%の人(約33万4000人)はフィギュアから卒業し、何らかの方法で処分したものとみられます。その一つの方法が買取店への持ち込みです。特に、秋葉原はフィギュアを手に入れるにしても手放すにしても足を運ぶだけの価値があります。

フィギュアは通販サイトやオークションでも購入できますが、秋葉原には通販サイトに掲載されないお宝的な箱なしフィギュアが購入できたりします。それに、お店が密集しているので、意外にお店回りも苦になりません。もちろん、マニアは新品を購入しますが、手に入れたいフィギュアの再販がない場合、中古品や未開封中古品を探しに秋葉原を訪れます。

フィギュアの人気にもよりますが、新品よりも未開封中古品の方が高いこともあります。つまり、お店が高く買い取っているということです。開封中古品でも破損や汚れ、パーツの紛失などがなければ、買取額にさほど影響はありません。

ただ、買取店は「あなたのフィギュアが欲しい人の手元に届ける中継地」ですから、塗装・改装を施した改造品は買い取ってもらえません。もちろん、買取額はフィギュアの人気度とお店の在庫に左右されます。何店か回って、買取額を比較した上で、お店を決めましょう。

なお、どのお店も同じですが、店頭買取の場合、身分証明書の提示を求められます。受領印は直筆サインで問題ありませんが、運転免許証や健康保険証など本人確認ができる証明書を持参しましょう。

自分の足で稼ぐ実店舗と自分の足(返送料)が出る宅配買取

秋葉原に行く前に、お店の公式サイトをチェックしておきましょう。ほとんどの買取店はサイトで買取る相場を表示しています。処分したいフィギュアを幾らで買取ってもらえるか見当がつきます。買取店の中には価格表示をしないお店や少数しか表示しないお店もあるので、サイト内の「問い合わせ」で確認するか、現地で確認するか、そのいずれかです。

フィギュアを大量に持ち込むと「査定に時間がかかりそうだな」と思い、宅配買取サービスを利用する人も少なくありません。確かに、実店舗を持たない宅配買取は家賃や人件費などランニングコストが小さいため、コスト削減分を査定額に上乗せできるので買取額に期待できます。

ですが、査定に納得できなければ、返送してもらうことになります。お店は買取依頼の送料を負担してくれますが、買取不成立の返送料を負担してくれません。フィギュアの点数が多いと返送料が高くなるので、想定外の出費になります。

自分の足で秋葉原に行き、自分の眼で買取店を選び、自分の手でフィギュアを渡すことにこだわるのはそのためです。なお、「もえたく」(名古屋市中村区)は送料、手数料、返送料が無料です。買取不成立時にフィギュアの返送料を負担してくれるお店は限られています。

ただし、箱なしフィギュアやパーツの紛失・欠損があるフィギュアは買い取ってもらえません。

箱なしフィギュアの買取は2店で決まり

秋葉原には「高額買取」をアピールするお店が少なくありません。ですが、フィギュアのジャンルやコンディションで異なります。フィギュアを手に入れたときに売却を考えたでしょうか。箱を処分して査定に落胆する人も少なくありません。

そんなあなたに相応しい買取店があります。「I.T.R」は、中古フィギュアの販売と買取を専門にするお店です。美少女系からロボット系まで幅広く対応しています。このお店の強みは箱なしフィギュアを買い取ってくれることです。

もちろん、改造やパーツの紛失・欠損がない完品が条件です。未開封中古品と開封中古品の買取査定も他店より高めですが、箱なしの買取査定はずば抜けて高いです。箱なしフィギュアの売却を考えている人は足を運ぶべきす。

「トイショップ アルトリア」は美少女フィギュアに強みを持つお店です。その他、コトブキヤ、メガハウス、アルターなどメーカーのフィギュアを強化買取中なので、査定に期待が持てます。このお店も箱なしフィギュアの査定が甘めです。

箱なしフィギュアは大幅減額査定が当たり前ですが、買取ってもらうなら、「I.T.R」と「トイショップ アルトリア」で決まりです。

フィギュア買取はどんな方法が存在するのか?また、なるべく高く利益を上げるには?

秋葉原でドミナント戦略(多店舗化)を展開する大手買取店

秋葉原のフィギュア総合買取店と言えば、「秋葉原リバティー」です。秋葉原に7店舗を持ち、店舗ごとにフィギュアのジャンルが異なります。店頭買取のほか、宅配買取サービスにも力を入れています。宅配業者を通じて買取ることになるので、ダンボール(着払い伝票付き)と買取案内資料を送付の上、自宅まで集荷(無料)に来てくれます。

その後、査定金額を通知して、本人名義の銀行口座に入金するシステムです。宅配買取でも手に負えない大量のフィギュアを処分したい人には出張買取で対応します。フィギュア専門館「アキバのエックス」は秋葉原に3店舗を構えています。

このお店の特徴はフィギュアの査定額が1万円を超えるごとに、買取合計額に1000円プラスなど独自のキャンペーンを展開しているところです。

そのサプライズが「エックス」なのです。「アキバのエックス」は宅配買取にも対応しています。予めお店に連絡をして、買取申し込みの受付を行う必要があります。ただし、買取金額が3000円以下の場合、送料が発生するので、仮査定額を確認して申し込む方がよいでしょう。

「JUNGLE」の本店は大阪ですが、秋葉原にも3つの拠点があります。このお店の特徴は「通信買取」です。当月号「ホビージャパン」の広告ページにある「通信買取申込書」と必要書類(運転免許等のコピー)を送付すると、買取合計額が1万円以上の場合、買取額に1200円のボーナスが付きます。

もちろん、宅配買取は梱包キット無料配送、送料・査定料・返送料、すべて無料です。知らなきゃ損ですね。

飽きない工夫で個性化する買取店

フィギュアの買取店も業態店です。業態とはコンビニ+コインランドリーなど顧客視点の営業形態を指します。物販だけでは「古いフィギュアを処分したい」というウォンツ(潜在的欲求)を満たせないので、買取をプラスしたのです。

ですが、商い(あきない)ですから、「飽きない(あきない)」も必要です。それがお店の個性であり、買取店が集積する秋葉原のカラーです。高く買い取ってくれるお店を間違えないようにしましょう。

フィギュアの買取価格を上げるためのノウハウ